,

バルコニーとテント屋根のリフォーム 大阪市生野区 N工業様

大切な商品の為に、バルコニーとテント屋根をリフォーム!

金属製品を取り扱うN工業様にとって雨水はサビの原因ともなり、商品価値を無くす元とあって厳重に対策を取らせていただきました。

通気緩衝工法

バルコニーの防水は通気緩衝工法を採用しました。
下地がコンクリートですので密着工法で防水工事をすると、コンクリートから出る蒸気が防水層内部に膨れを発生し、その後、表面膜やシートが浮き出し亀裂が入り雨漏れを誘う原因を早い時期で生じやすくなります。
この原因となる膨れる原因を防ぐ為に、通気性能がある通気緩衝シートと脱気塔を設けることで蒸気を逃がし、膨れを解消します。

リフォーム後のバルコニー 大阪市生野区 N工業様

リフォーム後のバルコニー

リフォーム前のバルコニー 大阪市生野区 N工業様

リフォーム前のバルコニー

リフォーム後のバルコニー 大阪市生野区 N工業様

リフォーム後のバルコニー

リフォーム前のバルコニー 大阪市生野区 N工業様

リフォーム前のバルコニー

熱遮ポリカ

テント屋根の施工では、同じくテントで再生を考えておられました。
しかし、もともと稼働式の加減もありまして、ところどころ雨が侵入してくるスペースは、やむを得ないところもありましたので、テント採用を取りやめて波板に変更しました。

そのまま下地が使用できれば簡単な作業で済むのですが、「下地の高低差」、「台形屋根」、「対岸屋根との棟違い」、そして下地が欲しいところはテントの可動域で下地がないなどの事から、下地の鉄骨の組み換えから始まりました。

リフォーム後のテント屋根

リフォーム後のテント屋根

リフォーム前のテント屋根

リフォーム前のテント屋根

波板を止める釘に関しては、2山間隔でがっちり固定し強風・吹上に耐える構造となりました。
波板本体は高い遮熱効果のある遮熱ポリカを採用。その熱線遮蔽効果は、通常のポリカーボネート波板(クリア)の約5倍。屋根の下では完成品をトラックに積み込むなどの仕事が伴うため、真夏の直射日光下での作業に少しでもお役に立てればと思っております。

リフォーム後のテント屋根

リフォーム後のテント屋根

リフォーム前のテント屋根

リフォーム前のテント屋根

リフォーム前のテント屋根

リフォーム前のテント屋根

リフォーム後のバルコニーとテント屋根

リフォーム後の屋根

PAGE TOP