,

リビングリフォーム 大阪市平野区 U様邸

昭和の長屋 広々とした2LDKへリフォーム

リフォーム前は細かい続き部屋の4Kでしたが、開放的な2LDKに間取り変更をしました。

この物件の改装のきっかけは、ご近所で賃貸物件が増え始めたこともあり空き家の状態が長く続いていたらしく、今後の物件の運用で相談にこられました。

リフォーム前のリビング

リフォーム前のリビング

ご相談いただいた当初、大家さんは土地建物の売買を検討されておりました。
まとまったお金が必要であればそれでいいのでしょうが、継続した収益性を考えるのであればまた違った考えが必要になってきます。
売るとしてもこの物件は長屋なので、次の所有者が新しく家を建て替えるにしても新築する以前に解体と長屋を切り離した後の隣家壁面の補修費用が必要になってきます。
それだけでも業者によっては、数百万はくだりません。

であれば、ご近所の賃貸物件にはない付加価値である「大きな2LDK」で、「ご近所のよくありがちな2LDKか2DKかわかりにくい物件相場よりも少し賃料を下げてみては?」とご提案したところ、大家さんに快諾いただき、4Kから2LDKにリフォームすることになりました。

施工中のリビング

施工中のリビング

すると、なんと工事中にも関わらずお客さんが決まり、幸先のいいスタートが切れました!

広々とした2LDKへリフォーム

広々とした2LDKへリフォーム

大きな梁材のあるリビング

大きな梁材は飾りではなくしっかり仕事をしてくれている構造材の一部です。
大きな開放的なリビングにするために、この梁材の他、柱を抜いた代わりに天井裏にも梁材を2本通し、構造上問題の状態で収めております。

広々とした2LDKへリフォーム

一見、システムキッチンの様に見えますが、これは賃貸用キッチンでお求めやすい価格が人気です。
ただ、見劣りしないよう機能性一部兼ね備えるために、レンジフードはシステムキッチンなどで使用されるシロッコファンを採用。
排気効率をあげ天井裏を通し、屋外へ排気できるのが長屋にはもってこいです!

広々とした2LDKへリフォーム
PAGE TOP