キッチンリフォーム 大阪市西成区 K様邸

対面キッチンから壁付けへ ツーバイフォー工法

3階建の狭小住宅でよくある2階のLDK。大きさは約10帖です。

お客さまからのご要望は、閉鎖的な対面キッチンをやめて、キッチンを一つの大きな空間にしたいとのことでした。

対面キッチンから壁付けへリフォーム後

リフォーム後の写真

対面キッチンから壁付けへリフォーム前

リフォーム前の写真

リフォーム前は対面キッチンでしたが、一般的に対面キッチンに必要なスペースとしては5帖のため、今回の全体スペースが10帖ですからおおよそ半分がキッチンスペースで占領されていた感じです。

お客さまのご要望通りキッチンを一つの大きな空間にするため、壁付けキッチンへリフォームすることにしました。

ツーバイフォー工法は、在来工法の柱構造と違い壁面構造ですので、主要な耐力壁の見極めが肝心になってきます。
特にうなぎの寝床といわれる間口が狭く奥に長い3階建物件は、耐力壁1枚を抜くだけで致命傷に至りますので注意が必要です。

そうして必要な壁と必要な梁材をを残し、構造耐力上何の変化も無いように収めることができました。

改装後は以前の間取りと比べ広々しただけでなく明るく風通が良くなったと好評です。

PAGE TOP