, ,

大きく触らず、賢くリフォーム 豊中市 M様邸

御祖母様からいただいたお気に入りの無垢の家具に合う素材でリフォーム

今回リフォームするマンションは、以前に御祖母様がお住まいになっておられたマンションで、現在はM様のご両親とご一緒にお住まいになっておられるため必要がなくなり空き家状態でした。

このまま利用しないで放置しておくのは、もったいないとのことから、移住をお決めになられたM様。

ただ、この先ずっとここで暮らすかや、まだ将来についてもどうなるか分からないため、今回は大きくは触らずに、特に気になるところだけ改装したいというご依頼でした。

無垢建材を使用したカウンター

現在お使いのカップボードやダイニングテーブルは、御祖母様からいただいたお気に入りの無垢の家具で、今回はこれらを基準にリフォーム素材が確定していきました。

そのカップボードを置く予定場所の上部の吊り戸棚は、無垢建材で有名なウッドワンから選択しました。

今回は特別にメーカーにお願いし、扉の色合わせは現場で行うので無塗装のまま商品を出荷してもらいました。

無垢建材の吊戸棚
大きく触らず、賢くリフォーム

キッチン前のカウンター材などもすべて無垢材を使用し、現場で奥様のご要望の色に調合しながら、お気に入りの家具に合わせていきました。

その他、キッチン周りでは側面壁を取ることにより開放的な空間にし、コンロ前の壁はお気に入りの家具にあわせて幅を少し広げ、壁にピッタリ据え付けるために出っ張りのカウンター材を取り除きました。

豊中市 M様邸 キッチン
無垢建材を使用したキッチン

そして、リビングダイニング側においては、床材が一部異色の部材が仕込まれていましたので、「同色にならないものか」とご相談を受けておりました。

同じフロアー材を探しましたが、廃盤になっており・・、よく似た素材をあたりましたが模様までとなると難しく・・、そこで収納内は表に出ない部位なので収納内の同じフロアー材を移植し違和感の無いように収める事に成功しました。

豊中市 M様邸のリビング
大きく触らず、賢くリフォーム

リフォーム後

リフォーム前のリビング

リフォーム前

リフォーム後の洗面所

部分的に奥様のご要望に沿った今回のリフォームは、既設の部材を大きく触らずに、元々がこうであったかのようにバランスのとれたまとまりのある空間にしあげられました。

リフォーム後のトイレ

リフォーム後

リフォーム前のトイレ

リフォーム前

PAGE TOP