,

内装リフォーム 旧家再生(真壁仕上げ) 大阪市 H様邸

木造軸組み工法 2016年 改装

大家さんも世代交代し物件の管理も生き届かず、空き家で放置していた物件。
ここまで年数が経つと解体をお考えになる方が大半です。

でも大丈夫、実際にお客さんがついて元通リの賃貸物件で収益を上げております。

旧家再生リフォーム 階段上から見たリビング
リフォームで階段横に配置したリビングキッチン

リフォーム後の写真

リフォーム前の階段と階段横の部屋

リフォーム前の写真

階段横にある柱の位置を変更しましたが、柱には、「抜ける柱」「抜いてはいけない柱」「抜いて梁で補える柱」があります。内装のリフォームは綺麗にするだけではありません。建築工法や建築構造などの見極めが肝心です。

リフォーム後の奥に移動した階段とリビング

リフォーム後の写真

リフォーム前の玄関から見た階段

リフォーム前の写真

リフォーム前は、玄関をあけたら梯子(ハシゴ)の様な急こう配の階段、最近のお家で言うとロフトに上がる梯子(ハシゴ)の様な感じでした。
階段を緩やかなこう配にして、2つあった部屋をLDKにするために、階段を部屋の奥にもっていき天井の高さを2.4mから2.8mに変更しました。そうすることで広々としたリビングスペースができました。

壁面は凹凸が激しかったので珪藻土を使用し、コテムラ模様で凹凸をデザインにチェンジしました。

お家の感じにあった昔風の階段

お家の感じにあった昔風の階段を再現しました。
古民家の風合いを残すため柿渋調の色に仕上げ全体のバランスをとりました。

私どもの倉庫に眠っていた他部材を元に考案しましたので、予算も抑えれました。「冷蔵庫にある具材で料理する」そんな感じです。

LDKをはじめ、その他2室のお部屋の壁、天井の仕上げ方法についても自然素材にこだわり呼吸する自然の壁素材、珪藻土を全体に施しました。

空き家を所有されている大家様へ

ただ修復するだけでなく時代にあった再生で且つ、掛けた修繕費を早く償却したいとお考えの方はご相談ください。

昭和物件まだまだ貸せます。
この物件は3DK~2LDKの全部屋改装です。
家賃のみで5年で改装費は償却予定です。

人に貸せる状態にしたいとお考えの方はご相談ください。

※私どもの倉庫に眠っている部材(新品)でよければ、お求めやすい価格でご提案できますので、さらにコストを抑えることができます。

PAGE TOP